静かに微笑んで

『牛を食べる人間のほうが、食われる牛よりおびえた顔をして死んでいく』

そう言った人がいる。

曰く、

牛は生まれたときから諦めている。しかし、人は叶わぬと知りつつ希望を持ち、生に執着しながら死んでいくからだそうだ。

死にざまを達観した言葉に聞こえてきた。

誰にも分け隔てなく訪れるのが死である。

故に、様々な名言が残されているが、私には、これに勝るものはないと思っている言葉がある。

一人の人を

大切に 思う
いとおしく 思う

たまには
涙する時もあるけど

そんな 気持ちを
大切に したい

幸せな気持ちで
お互い
見つめあえるように

最後の時は
静かに
微笑んでいられるように

相方が、とある場所に書いた言葉である。

私にとって幸せとは何か?

その答えがここにあった。

どちらが先にせよ、逝くときはふたりで、そして、静かに微笑んで逝きたいと願っている。

コメント