アイリッシュマン・シングルモルト|The Irishman Single Malt

【同・ファウンダーズリザーブ】が気に入ってしまい、シングル・モルトも仕入れました。

1999年に設立された、比較的新しい【ウォルシュ・ウイスキー蒸留所】の製品です。

今では珍しくなってしまった伝統的な3回蒸留を頑なに続けているとのことで、そのあたりの頑固さ加減も気に入っています。

アメリカン・オークのバーボン樽とオロロソ・シェリー樽で熟成されたモルトの香りは、あくまでも優しく上品な余韻を残してくれます。

刺激的と形容する部分は見当たらず、かと言って軽すぎることもなく、飽きのこない余韻が続くので、何杯でも飲めそうな気がしてしまいます。

【アイリッシュ・ウイスキー】に関しては、まだまだ新参者の域を脱していない私ですが、すっかり虜になってしまいました。

自己主張が強い【スコッチ・シングルモルト・ウイスキー】に比べ、控えめながら楚々そそとした味わいの【アイリッシュ・シングルモルト・ウイスキー】は如何でしょう。

コメント