ジョージ・ディッケル|George Dickel

ジョージ・ディッケル テネシー・ウイス気

日本でテネシー・ウイスキーと言えばジャック・ダニエルと相場が決まっています。

蒸留所の規模からしても、それは頷けるのですが、私はあえて【ジョージ・ディッケル】をおすすめしたいのです。

【チャコールメローイング製法】からくる、ドライで滑らかな飲み口が特徴と言われているテネシー・ウイスキーなのですが、バーボンに慣れてしまった舌には物足りなく感じられてしまいます。

その点【ジョージ・デュッケルNo.12】は、高いコーンの含有率からくる仄かな香りと樽香から感じるコクのバランスが良く、飲みごたえもあるのでおすすめです。

近頃、ボトルとラベルが新しくなりましたので、味わいに変化があるかも知れませんが、まだ試飲していませんので何とも言えません。

願わくば、変わらないことを祈るばかりです。

変わり種としては、未熟成のコーン・ウイスキー【No.1】も、機会があれば試してほしい1本です。

蒸留後の樽熟成をしていない無色透明なウイスキーですが、仄かなコーンの香りが感じられ、さしずめコーン焼酎と言った趣があります。

ちょっと変わったウイスキーを飲んでみたいと思ったときにでもお試しください。

コメント