ピンクレディ|Pink Lady

ピンクレディ

ロンドン発祥とされるカクテルで、名称も色合も女性的な1杯です。

舞台が大ヒットした主演女優に捧げられたとされているので、それもうなずけます。

味わいもほんのりと甘く飲みやすいので、店のメニューに加えようかと迷った時期もあったのですが断念しています。

それは、レシピの中に卵白が入っているからです。

卵を使うカクテルは数々ありますが、卵黄だったり卵白だったりと分けて使うものが多く、全卵の入ったレシピはあまり多くありません。

つまりは、どちらかが残ってしまうのです。

よほどの卵好きでしたら、ゴックンすればいいのでしょうが、私はそこまで好きではないので、捨ててしまうことが多いです。

ですから、1杯の飲み物のためにそこまでするのは、あまりにも忍びないと思ってしまうのです。

閑話休題。

カルボナーラのオーダーが入った日のことです。

パスタの中では人気なので、オーダーされることが多いメニューです。

料理を出し、片づけしながら、何故か残った卵白が目に入りました。

カルボナーラには卵黄を使うので卵白が残ってしまいます。

お腹がすいていれば、営業が終わってから焼いて食べよう(目玉のない目玉焼き)と思ったのでしょうが、その夜は、唐突にピンク・レディーを思い出してしまったのです。

そこで、営業が終わってから、久しぶりに作ってみました。

懐かしいピンク・レディーは、優しくほっこりと包んでくれるような味でした。

卵白の入ったカクテルは飲み口が柔らかくなります。

今夜のジンは、何も考えず大好きなゴードンを使りましたが、ボンベイサファイヤの方がピンク・レディーらしかったかも知れません。

残ってしまう卵黄の使い道が決まれば、メニューに加えようと思っていますが、いつになるかは未定です。

Haru
Haru

今のところは裏メニューですが、ご要望があれば、喜んでお作りしますので、ご遠慮なくリクエストしてください。


コメント