【ギムレット】と【ジン・ライム】

外見は全く違うカクテルですが、中身はほぼ同じカクテルです。

ジンとライムの割合が3:1で、そこにシュガー・シロップを1tsp加えます。

Haru
Haru

正式なレシピでは、甘みが加わったコーデュアル・ライムを使うとなっていますが、当店にはありませんのでフレッシュ・ライムで代用し、シュガー・シロップで甘みを加えています。

違いといえば、作る技法の違いだけです。

【ギムレットは】シェイクで作りますが【ジン・ライム】はビルドで作ります。

でも、この技法の違いが、味にの変化に大きく関わっているのです。

レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説【長いお別れ】の中で、テリー・レノックスとフィリップ・マーロウとの一説

“I suppose it’s a bit too early for a gimlet,” he said.(「ギムレットには少しはやすぎる」と、彼は言った)

この台詞のお陰で、一躍有名になってしまった【ギムレット】

その煽りを食らって“手抜きのギムレット”などと揶揄された不遇の時代を経験した【ジン・ライム】

Haru
Haru

何とも因縁めいたカクテルだと思いませんか?

【ギムレット】は、この小説のイメージから、男性的なカクテルと思われがちですが、私は【ジン・ライム】の方が男っぽく感じてしまいます。

シェイクすることでまろやかさを増す【ギムレット】に対して、そこまで混ざり合うことなく、ジンとライムがグラスの中で喧嘩している【ジン・ライム】の方が、荒っぽく感じてしまうからです。

機会があれば飲み比べをしてみてください。

きっと、違いに驚かれると思います。

コメント