ワイルド・ターキー12年|Wild Turkey 12years

1990年代に姿を消してしまった【ワイルド・ターキー12年】が、帰ってきました。

それも当時と同じ101プルーフ(50.5%)での復活です。

12年の後継として発売された13年の不甲斐なさに、ガッカリしていた私には、今年一番の朗報です。

最近になっても、アメリカのバーボン・サイトには出てきませんので、おそらく8年と同様、日本向けの商品だと思われます。

日頃から、飲むことが叶わない銘柄を、ネット上で眺めながら悔しい思いをしていたので、これで少しだけ留飲を下げられるかも知れません。

早速飲んでみたところ、アルコール感とターキー特有の香りが鼻につき『。。。ン?』となりました。

最後に飲んだのは20年近く前ですから、とうに忘れていますので、比較はできませんが、何となくまろやかさが減ったような感じです。

おそらく、封切だったことも影響していると思われます。

ところが、10分ほど置いてから飲むと、すっかりさま変わりして、膨らみのある懐かしいターキーの香りがしてきました。

この辺りは、根っからのターキー好きな私の感覚ですので、贔屓目ひいきめの感想だと受け取ってください。

どこかでオールド・ボトルと出逢うことがあれば飲んでみて、再度、確かめてみます。

今夜のところは、旧友と出逢えた懐かしさに浸っているようなものだと思ってくださればありがたいです。

価格はこちらからhttps://barmystyle.com/list/42_6.htmlご確認ください。

コメント