1958MILES

1958 マイルス

Miles Davis(tp) / John Coltrane(ts) / cannonball Adderley(as) /bill evans(p) / RedGarland(p)*B-2 /
Paul Chambers(b) / Jimmy Cobb(ds) // 1958 YOUR SERVANT

1日の半分以上を、好きなJazzが流れる環境で過ごしている。

ジャズ好きの方から羨ましがられることも多い。確かに、恵まれていると思うが、ふと気づいたことがある。

BGMとしては聴いているのだが、腰をすえてゆっくりと聴くことから遠のいていたのだ。

12時に店を閉めていたころは、独りでゆっくりと聴いてから帰ることがしばしばあったが、閉店時刻を2時までに変えてからは、すっかりご無沙汰してしまっていた。

片づけを済ませると3時近くなってしまうことも一因なのだが、よる年波のせいか眠気のほうが勝っている方が多い気がする。

それでも。今夜は忙しかった割には、昼寝をしたせいか眠気もやってこないので、久しぶりにゆったりと好きなアルバムを聴いてから帰ることにした。

そこで選んだ1枚は【1958MILES】である。

1958年に録音されたスタジオ・セッションを集めたオムニバス・アルバムで、なぜだか20年以上も後の79年にリリースされるまでお蔵入りだった演奏なのだ。

58年のマイルスと言えば転換期を迎えた年代である。翌年に発売された【Kind of Blue】への足がかりになった年代で、B面の【LITTLE MELONAE】を除き、同アルバムと同じメンバーである。

【LITTLE MELONAE】の録音年に関しては55年説と58年節があり、その真意は定かではないが、私は58年説支持派なのだ。

それは、50年代のコルトレーン好きな私の直感でしかないのだが、確信に近いものを持っている。

そんなことを思い出しながら、ゆったりと時間が流れるのはいいものだ。

久しぶりに心地よい夜が過ごせている。

*

コメント